閉塞鍛造・切削加工・ロウ付・摩擦圧接を得意とする、自動車・二輪車・建設機械部品製造メーカー 名古屋技研工業株式会社

サービス

技術

お客様のさまざまなニーズにお応えするために、
これからも新たな技術の開発に努めてまいります。

製品技術

冷間鍛造

フォーマー成形・リヘッダー成形・閉塞鍛造などの塑性加工技術を複合的に組み合わせる事で、鍛造では不可能であった製品形状が可能になり、又極限までの切削レスを追求する事で低コストな製品を実現しています。

精密切削加工

名古屋技研工業が創業以来培ってきた様々な切削加工技術を駆使し、μ単位の精度の製品を、軟材・SUS・アルミなど多種多様な金属材質にて実現しています。


ロウ付

水素炉・ガス炉による一般的な銅ロウ付はもとより、異形状でも銅材などを適切に浸透させる高度なノウハウを持ち、製品対応の幅を広げております。
又、熱処理として磁性焼鈍も内製化しています。


摩擦圧接

摩擦圧接の採用により、結合部分の共通化と自由度が飛躍的に向上しています。
また、圧接時特有のバリ(余肉)を形状化し除去を不要とした「ハットピン工法」も弊社独自の技術です。


社内一貫生産

社内での一貫生産をすることにより、リードタイムの飛躍的短縮と工程間のトラブルの削減と早期改善を実現しました。
お客様のニーズに合わせ、弊社の固有技術の最適な組み合わせが可能となり、コスト、品質ともに最適なモノづくりが可能です。


周辺技術

自社開発設備

固有技術を駆使し、モノ造りを行う上で設備効率や省人化、工程内保証などを積極的に進めています。
弊社では、専用設備、QA機の設計施工、供給・排出の自動化もすべて自社開発を行っています。
自社の製品を知り尽くした技術部門が開発する設備により、より効率的な生産体制を実現しています。


治工具制作

刃具・検査具・ホルダーや金型なども自社制作を行っています。
最適な治工具を最短で。即座のフィードバックにより問題解決もスピーディーです。